湘北合同労組

湘北合同労組ニュース 2015年12月5日発行 第65号

湘北合同労組ニュース 2015年12月5日発行 第65号

国鉄決選が切り開いた素晴らしい11・1集会でした

ゼネストと国際連帯で社会は変えられる

11/ 1集会は 「職場でストライキをやり 、その力で社会を変えよう! 」と冒頭ありました。そして今年3月にストを打ち抜き 、雇止めを阻止した我が湘北合同労組出身の動労神奈川の若い仲間が登壇し、力強 いアッピールがありま した。圧巻だったのは韓国・ ドイツ・スイス、戦時下のトルコからの労働者の発言です。「戦争を止めよう! 労働者の国際連帯を創ろう!」と強烈な発言があり感激しました。
今回、11月集会に向け、情宣・署名活動を毎週や り抜き、反応も安保法案決戦後だったので、大変良かっ た。さらに様々な集会や職場へ出向き、特に10月の大和ピースフェスタではチケット販売や、一人で100名近い署名を獲得した組合員もいました。そして対日外国人への労働相談から始まり 、会社との交渉へと、外国人部会の活性化により多数の外国人労働者の11/1集会への参加があったことは素晴らしいことです。今後も国際連帯に向け、地域での合同労組活 動を発展させ、社会を変えていこう !
(H雄)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

投稿 ひろば

1 1 . 29星野全国集会に参加しました

星野文昭さんは不当逮捕以来41年。すべてを奪われている獄中で労働者を信頼して暁子さんと 共に人聞が人間らしく生きられる世の中を作るために闘い続けています。星野さんの闘いを知った人たちの広がりが素晴らしい感動的な集会にしていたと感じました。 今年全国57カ所で星野絵画展 をやって各地で、すばらしい出会いがあったとの報告。これに続き、私たち湘北合同労働組合が軸になって相模原で星野文昭絵画展をやろう、星野さんの闘いを知った労働者は必ず感動するし、今苦闘している労働者と必ずつながることができると思います。この力で来年70歳までに星野さんを取り戻したい。(K)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

訪韓闘争に参加しました

神奈川の訪韓団として湘北合同からは2名が参加しました。(詳細別途)
写真 左は15万人の大行進。上はソウル中心街で籠城闘争を闘う金属・ホームプラス労組激励行動の全国協議会